背を伸ばすには運動と栄養が大切

身長が伸びる年齢は、20歳までが基本です子供の成長、教育課程で体を大きくする事は、大事な事柄になります。

例えば、スポーツをする場合、体や身長が大きいと有利になる競技が多いです。しかし、人間は、体質や遺伝から身長が決まるケースが高くなります。

小学生時は、身長の差は少なくどんぐりの世比べです。伸び出す年齢は、13歳ぐらいから18歳が基本となり10センチから20センチ前後伸びます。

スポーツで伸びる人も多く、跳んだり走ったりして1番の成長時が10代です。身長が伸びる思春期を迎えると、年齢が若い分多くの吸収から頭、体が大きくなります。

残念ながら20歳を越えると、身長は伸びにくく停止したまま大人になってしまいます。しかし、身長は、生活環境や栄養面が大きく左右するので見直す事で改善されます。

姿勢を正しくした歩き方、座り方を行う事で良い成長へ向かうでしょう。また、10代で喫煙、夜遅く寝たり起きると、体への影響も良くないです。健康的な体は、健全な生活から生まれるので実践して欲しいです。

寝る前に、身長を伸ばす体操をしよう

身長は、体が固いより柔らかい方が伸びやすくなります。思春期の人は、成長過程なので比較的体は柔らかく動きやすいです。

しかし、運動不足や不規則な生活をしていると体は固くなります。身長を伸ばすには、普段から体を柔らかくしたり動かす事が必要です。

オススメの方法は、風呂上りと寝る前に体操やストレッチを行い体を解す事が挙げられます。まず、身長に影響しやすいのが下半身であり、足首、ふくらはぎ、太もも、股関節を意識して伸ばすと良いです。前屈、屈伸を数回繰り返し、下半身の筋肉を柔らかくしていきましょう。

股関節が固い人は曲げにくいので、風呂で体を温めてから曲げる体操をすると効果的です。また、ふくらはぎは、第二の心臓と言われこの部位を解したり揉む事で健康になります。

身長を伸ばすために、ふくらはぎを揉み血流を良くする事も大事です。下半身を柔らかくする体操は、小学生時から行うと思春期に良い影響が出てきます。

新陳代謝を良くなり、姿勢も改善されて成長しやすい体が作れます。

身長を伸ばすには、牛乳などの栄養豊富な食材を摂取しよう

身長が低い人、高い人は、10代で分かれていき成長に差が出ます。男性の平均は、170センチ前後で女性は、156センチ前後です。

日本は、外国に比べて低い人種で、欧米は180センチ前後が平均になります。日本人と外国人の差は、生活や食べ物、遺伝が大きく影響しています。

中でも、遺伝体質から伸びる人種も多く日本でも身長が高い家系に見られます。しかし、身長も成長に結びつく栄養を上手に摂取する事で、思春期に伸ばす事は可能です。

栄養が体に行き届いている人は、体が大きく肉付きも良い人が多く見られます。しかし、栄養が少なく補給されていない人は、細い、低い傾向があるようです。

身長を伸ばす食べ物は、牛乳、魚、卵、米などが挙げられます。これらの食材には、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質、亜鉛が含まれていて体が成長する栄養分です。

中でも牛乳は、栄養が豊富に含まれているのでオススメの食材です。この栄養分を定期的に採り、運動、規則正しい生活を送る事になります。

10代の内に、意識して栄養を補給する事を心掛けて体を大きくしましょう。