炭水化物で子供の身長を伸ばす

炭水化物は子供の身長を伸ばす上で非常に重要な栄養素です。

この記事では、炭水化物を効率的に摂取する食事にはどのようなものがあるのか紹介していきます。その際、炭水化物と並んで重要なたんぱく質との組み合わせも教えていきたいと思います。

【お米】

やはり炭水化物を効率的に摂取するということで一番先に紹介すべきはお米になります。日本人なら一番食べやすい食材であり、がっつりとお腹いっぱい食べることに向いています。

たんぱく質との相性も非常に抜群であり、炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。肉や魚を用いておかずを作り、それをお米で食べたり、卵かけごはんや牛丼、カツ丼などの料理を食べるとよいです。

【パン】

パンも炭水化物を非常に効率よく摂取することができます。パンもご飯と同じように普段から食べ慣れているものです。お腹いっぱい食べることは大切なので、パンやお米は非常に身長を伸ばす食事として適切です。

お米と同様に、パンのたんぱく質との相性も非常に抜群であり、炭水化物とたんぱく質を組みあせた料理もたくさんあります。また、お米とは異なり、チーズとの相性が非常に良いため、料理のバリエーションも広がります。

ハンバーグとチーズを挟んでチーズバーガーにして食べたり、ハムやベーコンとチーズを挟んでサンドイッチにして食べたりするとよいです。

【いも類】

いも類の中で、炭水化物を効率よく摂取できるのはじゃがいもとさつまいもです。じゃがいもは非常に食べやすい食感や味の食材です。

たんぱく質との相性も非常によく、パンと同様にチーズとの相性も非常に抜群です。炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。ソーセージとじゃがいもを炒めてジャーマンポテトを作ったて食べたり、フライドポテトにチーズをかけて食べたりするとよいです。

さつまいもはじゃがいもやパンなどと違い甘みのある食べ物なので、主食として食べるより、おやつなどの間食に用いるのがよいです。

おやつなどの間食でも身長を伸ばすことを意識して食べることで効果がきちんと現れてきます。たんぱく質との相性はあまりよくはないですが、影で身長を伸ばすことを支えてくれる重要な食材であるといえます。

【麺類】

麺類の中で炭水化物を効率よく摂取できるのはうどんとパスタとラーメンです。どれも日本人なら食べ慣れているものなのでお腹いっぱい食べられます。また、これまで紹介したものの中で一番安価な食材であるため、経済的にも非常に役立ちます。

たんぱく質とも相性も非常によく、炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。肉をうどんに入れて肉うどんとして食べたり、ミートソースをつくってパスタと絡めて食べたり、チャーシュー麺を食べるとよいです。

【サプリメント】

たくさん食べるのが苦手だという子供には、サプリメントで不足した炭水化物を補うという方法もあります。ですが、あくまで補助としての使用にとどめ、なるべく食事によって炭水化物出来る限り摂取するように心がけましょう。

参考:子供の身長を伸ばす方法

背を伸ばすには運動と栄養が大切

身長が伸びる年齢は、20歳までが基本です子供の成長、教育課程で体を大きくする事は、大事な事柄になります。

例えば、スポーツをする場合、体や身長が大きいと有利になる競技が多いです。しかし、人間は、体質や遺伝から身長が決まるケースが高くなります。

小学生時は、身長の差は少なくどんぐりの世比べです。伸び出す年齢は、13歳ぐらいから18歳が基本となり10センチから20センチ前後伸びます。

スポーツで伸びる人も多く、跳んだり走ったりして1番の成長時が10代です。身長が伸びる思春期を迎えると、年齢が若い分多くの吸収から頭、体が大きくなります。

残念ながら20歳を越えると、身長は伸びにくく停止したまま大人になってしまいます。しかし、身長は、生活環境や栄養面が大きく左右するので見直す事で改善されます。

姿勢を正しくした歩き方、座り方を行う事で良い成長へ向かうでしょう。また、10代で喫煙、夜遅く寝たり起きると、体への影響も良くないです。健康的な体は、健全な生活から生まれるので実践して欲しいです。

寝る前に、身長を伸ばす体操をしよう

身長は、体が固いより柔らかい方が伸びやすくなります。思春期の人は、成長過程なので比較的体は柔らかく動きやすいです。

しかし、運動不足や不規則な生活をしていると体は固くなります。身長を伸ばすには、普段から体を柔らかくしたり動かす事が必要です。

オススメの方法は、風呂上りと寝る前に体操やストレッチを行い体を解す事が挙げられます。まず、身長に影響しやすいのが下半身であり、足首、ふくらはぎ、太もも、股関節を意識して伸ばすと良いです。前屈、屈伸を数回繰り返し、下半身の筋肉を柔らかくしていきましょう。

股関節が固い人は曲げにくいので、風呂で体を温めてから曲げる体操をすると効果的です。また、ふくらはぎは、第二の心臓と言われこの部位を解したり揉む事で健康になります。

身長を伸ばすために、ふくらはぎを揉み血流を良くする事も大事です。下半身を柔らかくする体操は、小学生時から行うと思春期に良い影響が出てきます。

新陳代謝を良くなり、姿勢も改善されて成長しやすい体が作れます。

身長を伸ばすには、牛乳などの栄養豊富な食材を摂取しよう

身長が低い人、高い人は、10代で分かれていき成長に差が出ます。男性の平均は、170センチ前後で女性は、156センチ前後です。

日本は、外国に比べて低い人種で、欧米は180センチ前後が平均になります。日本人と外国人の差は、生活や食べ物、遺伝が大きく影響しています。

中でも、遺伝体質から伸びる人種も多く日本でも身長が高い家系に見られます。しかし、身長も成長に結びつく栄養を上手に摂取する事で、思春期に伸ばす事は可能です。

栄養が体に行き届いている人は、体が大きく肉付きも良い人が多く見られます。しかし、栄養が少なく補給されていない人は、細い、低い傾向があるようです。

身長を伸ばす食べ物は、牛乳、魚、卵、米などが挙げられます。これらの食材には、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、タンパク質、亜鉛が含まれていて体が成長する栄養分です。

中でも牛乳は、栄養が豊富に含まれているのでオススメの食材です。この栄養分を定期的に採り、運動、規則正しい生活を送る事になります。

10代の内に、意識して栄養を補給する事を心掛けて体を大きくしましょう。

身長を伸ばすためにすることと漢方

◆身長の悩み◆

お子さんを持つお母様方にとって、子供の身長の伸び悩みはとても大きな事ですよね。他の同い年の子達と比べて小さかったりすると心配になりますよね。背の順も前の方よりも後ろにいる方が、ちゃんと成長してるんだなという安心感がありますよね。

私も主人も小さいからもしかしたら我が子も小さいかもと悩んだりしているお母様もいるかもしれませんが、身長の低さは遺伝的なものは少ないと言われています。

どうしたら身長が伸びるのか、身長を伸ばす方法が分からないで悩んでいるお母様方もかなり多いです。では、どうすれば身長が伸びるのかまとめてみましたので見ていきましょう

◆身長を伸ばすには?◆

身長を伸ばすためには、運動、栄養、睡眠が必要不可欠です。身長を伸ばすのに効果的な運動ですが、縦にジャンプをする運動、例えばバスケットボールやバレーボール等、ジャンプをする頻度が多いものが身長が伸びやすいとされています。

お庭で縄跳びをしたりするのもいいかもしれません。適度に体を動かす事も大切なので、お休みの日にお子さんと公園へ行き、一緒に走ったりバドミントンやボール遊びをするのもいいですね。

栄養ですが、身長を伸ばすのに必要な栄養素は、カルシウム、亜鉛、ビタミン、たんぱく質等です。毎日の3食の食事で、意識して身長を伸ばすのに必要な栄養素を取り入れた食事を作ってあげてくださいね。

栄養素を毎日の食事に取り入れる事が出来ているか心配なお母様は補助食品や、健康機能飲料等で食事の後に補うのもいいかもしれません。睡眠ですが、質の良い睡眠が大切とされています。

睡眠前に軽いストレッチ等をしてリラックスしたり、寝る前にはコーヒー等は飲まない等、ちょっとした事で質の良い睡眠をとることが出来ます。

寝る時に部屋を暗くしてあげる事も大切です。明るいと熟睡する事が出来ないので、成長ホルモンの放出を押さえてしまうことになります。

ちょっとした事ですがお母様方が協力してあげてしっかり夜は寝させてあげる事を意識してください。

◆身長を伸ばしてくれる漢方◆

身長を伸ばすのに漢方薬を使うなんてあまり聞いたことがないかもしれません。漢方と身長の意外な関係性ですが、成長を助けてくれるサプリメントだと思ってください。

身長を伸ばしてくれるのに効果的な漢方薬ですが、有名なものに、ピュアアルギ、背伸美肌、健康茶、バイオリンク等があります。

漢方の事に詳しくなければどこで購入出来るのか、どんな飲み方をすれば効果的なのか判断する事も難しいですよね。漢方のお店で専門のスタッフの方に詳しく聞いて購入するのもいいかもしれませんね。

◆最後に◆

身長を伸ばしてあげるには、お父様お母様方の協力や努力が必要なのです。毎日意識して美味しい食事を作り、一緒に運動してあげて、早寝早起きが出来るような環境作りをしてあげてくださいね。将来、身長が高くなったお子さんから感謝されるのを楽しみに一緒に頑張りましょう。