炭水化物で子供の身長を伸ばす

炭水化物は子供の身長を伸ばす上で非常に重要な栄養素です。

この記事では、炭水化物を効率的に摂取する食事にはどのようなものがあるのか紹介していきます。その際、炭水化物と並んで重要なたんぱく質との組み合わせも教えていきたいと思います。

【お米】

やはり炭水化物を効率的に摂取するということで一番先に紹介すべきはお米になります。日本人なら一番食べやすい食材であり、がっつりとお腹いっぱい食べることに向いています。

たんぱく質との相性も非常に抜群であり、炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。肉や魚を用いておかずを作り、それをお米で食べたり、卵かけごはんや牛丼、カツ丼などの料理を食べるとよいです。

【パン】

パンも炭水化物を非常に効率よく摂取することができます。パンもご飯と同じように普段から食べ慣れているものです。お腹いっぱい食べることは大切なので、パンやお米は非常に身長を伸ばす食事として適切です。

お米と同様に、パンのたんぱく質との相性も非常に抜群であり、炭水化物とたんぱく質を組みあせた料理もたくさんあります。また、お米とは異なり、チーズとの相性が非常に良いため、料理のバリエーションも広がります。

ハンバーグとチーズを挟んでチーズバーガーにして食べたり、ハムやベーコンとチーズを挟んでサンドイッチにして食べたりするとよいです。

【いも類】

いも類の中で、炭水化物を効率よく摂取できるのはじゃがいもとさつまいもです。じゃがいもは非常に食べやすい食感や味の食材です。

たんぱく質との相性も非常によく、パンと同様にチーズとの相性も非常に抜群です。炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。ソーセージとじゃがいもを炒めてジャーマンポテトを作ったて食べたり、フライドポテトにチーズをかけて食べたりするとよいです。

さつまいもはじゃがいもやパンなどと違い甘みのある食べ物なので、主食として食べるより、おやつなどの間食に用いるのがよいです。

おやつなどの間食でも身長を伸ばすことを意識して食べることで効果がきちんと現れてきます。たんぱく質との相性はあまりよくはないですが、影で身長を伸ばすことを支えてくれる重要な食材であるといえます。

【麺類】

麺類の中で炭水化物を効率よく摂取できるのはうどんとパスタとラーメンです。どれも日本人なら食べ慣れているものなのでお腹いっぱい食べられます。また、これまで紹介したものの中で一番安価な食材であるため、経済的にも非常に役立ちます。

たんぱく質とも相性も非常によく、炭水化物とたんぱく質を組み合わせた料理もたくさんあります。肉をうどんに入れて肉うどんとして食べたり、ミートソースをつくってパスタと絡めて食べたり、チャーシュー麺を食べるとよいです。

【サプリメント】

たくさん食べるのが苦手だという子供には、サプリメントで不足した炭水化物を補うという方法もあります。ですが、あくまで補助としての使用にとどめ、なるべく食事によって炭水化物出来る限り摂取するように心がけましょう。

参考:子供の身長を伸ばす方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です